千里中央駅前クリニック
阪大病院などに在籍する専門医が千里中央に集結。

知って得する生活習慣病の話
専門別外来

 トップページ
 高血圧
 糖尿病
 脂質異常
 その他の病気
 講演・学会発表
   千里中央駅前クリニックtop > 知って得する生活習慣病の話 top > 睡眠時無呼吸症候群(SAS)健診のお知らせ




睡眠時無呼吸症候群(SAS)検診 のご案内

こんな症状はありませんか?


 ・睡眠中のいびき
 ・仕事中やドライブ時の眠気、
 ・起床時の頭重感や倦怠感  など・・・  

 


     上記のような症状は、「睡眠時無呼吸症候群」が原因かもしれません。
     睡眠時無呼吸症候群(SAS)は、ご自宅でできる簡単な検査で診断が可能です。
     特に、肥満の方はSASのリスクが高いので、注意が必要です!



閉塞性の睡眠時無呼吸症候群 (SAS) とは?

 
近年、居眠りによる交通事故の原因として注目を集めた睡眠時無呼吸症候群(以下、SAS)は、その大部分が睡眠中の
 上気道(特に咽頭部)の狭窄・閉塞が原因でおこります。

 日本人の推定患者数は約200万人といわれていますが、治療対象患者の85%が検査を受けておらず、放置している状態
 あるといわれています。

 人は通常、仰向けで眠りますが、肥満による上気道の脂肪沈着、また扁桃肥大、巨舌などにより気道が閉塞することで、
 呼吸が停止します。




 
SAS検査は、こんなに簡単!

 【 簡易モニター 】

携帯型の簡易装置です。自宅に持ち帰って装着していただき就寝中の呼吸状態、血液中の酸素飽和状態等を測定します。

               

 【 この検査でわかることは?
 SAS診断の指標となる、AHIODIなどの詳しいデータが得られます。

 ・AHI (無呼吸・低呼吸指数)・・・ 無呼吸または低呼吸の、1時間あたりの平均回数

 ・ODI (酸素飽和度低下指数)・・・ SpO2(酸素飽和度)が基準以上に低下した、1時間あたりの平均回数



 SAS検診の流れ】

 お電話(☎06-6318-5745) もしくは 当院受付窓口にてご予約

 ↓

 診察、機器使用方法の説明・貸出(来院 1回目)

 ↓

 2晩、機器を装着し検査(ご自宅)

 ↓

 機器返却、結果解析・説明(来院 2回目)

 【検査費用】
 4,500円(税別)(自費診療の場合)
 *健康保険が適用になる場合があります。詳しくはお問い合わせください。

 【お申込み・お問い合わせ】
 お電話(☎06-6318-5745) もしくは 当院受付窓口にてご予約・お問い合わせください。



 *検査の結果、睡眠時無呼吸症候群と診断された場合・・・
 患者さまとご相談の上、CPAPによる治療を検討します。(CPAPについて詳しくは、こちら をご参照ください。)
 健康保険で治療を受けることができます。





千里中央駅前クリニック
〒560-0082 大阪府豊中市新千里東町1-4-2 千里ライフサイエンスセンター3F TEL.06-6318-5745 FAX.06-6318-5746


Copyright(c)Senrichuo Ekimae Clinic. All Right Reserved.