千里中央駅前クリニックtop   知って得する生活習慣病のお話top   管理栄養士 たけいりの部屋top  








        




 【作成】
 千里中央駅前クリニック

 【監修】
 石橋 道男 先生(元・大阪大学 泌尿器科 助教授、森ノ宮病院 泌尿器科、日本 Men's Health 医学会 評議員)
 守山 敏樹 先生(大阪大学 保健センター教授 兼 センター長、日本Men's Health 医学会 理事)







  こんな症状はありませんか?







LOH症候群(加齢男性性腺機能低下症候群)かもしれません!

メンズヘルス外来に相談しましょう!





 LOH症候群 ・・・ 
 男性ホルモン(テストステロン)の低下が、 更年期症状やメタボリックシンドロームを
 引き起こす!









  LOH症候群の原因と治療

 
 LOH症候群(加齢男性性腺機能低下症候群)とは・・・

 男性ホルモン(テストステロン等)の低下により、以下のような症状が引き起こされます。

 疲労感・倦怠感、ED(勃起障害)、うつ傾向、いらいらなどの精神症状、記憶力・集中力の低下、
 筋力の低下、骨量減少、体脂肪の増加、体毛の減少 など
 
  メタボリックシンドロームや動脈硬化のリスクも増加
 

 【 診断 】
 ・ 問診票の記入(男性更年期障害自己評価表(関谷式))
 ・ 診察
 ・ 血液検査で、血中の遊離テストステロンを測定


 【 治療 】
 ・  遊離テストステロンが、明らかに減少している場合 → ホルモン補充療法(注射薬)など
 ・ 遊離テストステロンが、ある程度分泌されている場合 → それぞれの症状に応じた治療
                                    (お薬の処方、生活習慣の改善 など)
 




 男性ホルモン テストステロンとは?

 テストステロンの働き  
 
 ・ 筋力を増強する
 ・ 集中力や判断力などの精神機能に関係
 ・ 内臓脂肪がつくのを抑える
 ・ 造血作用
 ・ NOを供給して、血管の健康を保つ(動脈硬化の進展抑制)
 ・ 酸化ストレスを抑える
 ・ 性欲や精子の形成

 最近では・・・
 ・ 血管内皮機能や肥満、コレステロール値、認知機能等に関連していることが注目されています。 



 ★TOPICS★
 テストステロンが低値であると、心血管疾患や癌による死亡率が増加することが報告されています。
 
  *テストステロン値が250 ng/dl以下と低値の群(全男性の平均値は 300350 ng/dl)では、心血管
 疾患による死亡リスクが156%、癌による死亡リスクが246%増加することが報告されている。
 また、低値の群では、高血圧、糖尿病などメタボリックシンドロームの割合が高い傾向であった。

 
  Low serum testosterone levels are associeted with increased risk of mortality in a   
  population-based cohort of men aged 20-79. Eur Heart J 31:1494-1501, 2010 より





 疲労の原因は? ~ ストレスと男性ホルモン低下が影響! ~








  疲労のメカニズム



慢性疲労症候群(CFS)に陥るメカニズム(仮説) 厚生労働省 疲労研究班ホームページより




  メタボリックシンドロームとLOH症候群の関係は?


 ★ 収縮期血圧150 mmHg以上の高血圧患者さんのうち20%以上がEDを発症*

 ★ HbA1cの上昇に伴い、国際勃起機能スコア(IIEF-5)が低下する。

 ★ BMIの上昇に伴い、国際勃起機能スコア(IIEF-5)が低下する。

 *Sexual function in men with diabetes type 2; Association with glycemic control. J Urol. 
   
163:788-791, 2000 より

 




  EDは、高血圧や高脂血症と並ぶ、生活習慣病のひとつです。


 日本には現在1,130万人のED患者さんがいて、40代の20%、50代の40%、60代の60%がEDであると
 推察されています。

 EDの発症には、NO(一酸化窒素)の低下による血管内皮機能の低下および動脈硬化が関与して
 います。
 血管内皮機能低下や動脈硬化は、心臓や脳などの太い動脈の前に細くてデリケートなペニスの血管に
 現れやすいため、生活習慣病の最初の症状として、EDが現れる場合があります。  

 * 日本性機能学会 ED診療ガイドライン作成委員会(編)ED診療ガイドラインより



 
 ★ EDは、メタボリックシンドロームの該当項目数(肥満、高血圧、高脂血症、糖尿病 等)が多い人
   ほど、罹患の頻度が高くなるという傾向が示されています。

   Ref: High proportions of erectile dysfunction in men with the metabolic syndrome.
      Diabetes Care 28:1201-1203, 2005







千里中央駅前クリニック 内科 糖尿病内科 循環器内科