千里中央駅前クリニック
コレステロールと中性脂肪にどう向き合うか
  脂質異常症とは 脂質異常症の分類 コントロールの目標値 生活習慣のポイント 脂質異常症の治療薬 受けたい検査  

 千里中央駅前クリニックtop

 知って得する生活習慣病の話top > 脂質異常症に関わるお話 > コレステロールと中性脂肪にどう向き合うか > 脂質異常症の分類



  脂質異常症の分類

 脂質異常症の発症には、他の生活習慣病と同じく体質(遺伝素因)と生活習慣が関与していますが、常染色体性優性
 遺伝の遺伝病により、若年時よりLDLの異常高値を示す場合があります(家族性高コレステロール血症)。

 ヘテロ接合体性の家族性高コレステロール血症は日本人の500人に1人と頻度が高く、男性では30歳頃から、女性では
 50歳頃から心筋梗塞を併発するリスクが高くなります。ホモ接合体家族性高コレステロール血症は(100万人に1人と稀
 ではありますが)、無治療の場合、若年性の冠動脈疾患を発症して死亡に至ることが多いため、小児期からの治療が
 必要となります。

 いずれにしても、家族性高コレステロール血症を有する方の場合は、早めの検査と治療(スタチン服用)の開始が重要です。



千里中央駅前クリニック 内科 糖尿病内科 循環器内科