千里中央駅前クリニック
阪大病院などに在籍する専門医が千里中央に集結。

知って得する生活習慣病の話
専門別外来

 トップページ
 高血圧
 糖尿病
 脂質異常
 その他の病気
 講演・学会発表
   千里中央駅前クリニックtop > 知って得する生活習慣病の話 top > 講演・学会発表など




 第34回 日本肥満学会 研究発表 資料

 医療法人 千里中央駅前クリニック、大阪大学 生体機能補完医学講座、消化器外科学、内分泌代謝内科学
 共同研究

 
 当クリニック ウエイトマネジメント外来と、大阪大学における先進医療・腹腔鏡下袖状胃切除術(LSG)のこれまでの
 治療成績および術後の体重・精神疾患の変化等についての研究結果を、日本肥満学会にて発表しました。



 研究内容要約:

 ・大阪大学は、重症肥満患者に対する腹腔鏡下胃切除術(LSG)について、関西で唯一、先進医療の認可を受けています。
 (全国8施設:平成258月現在)

 ・今回の研究では、大阪大学 消化器外科にてLSGを受けた患者さんの体重推移、また精神疾患の有無や術前術後の精神、
  身体的変化について、調査を行いました。

 ・結果、体重は、LSGを受けた患者さん(全13名)で、平均 約30kg減量しました(術後約1年経過)。術前に精神疾患の既往が
 あった患者さん4名のうち、3名に向精神薬の増量が見られ、1名が新規で向精神薬の投与開始となっていました。
 手術については、糖尿病などの肥満関連合併症の軽快や、腰・膝の負担軽減、容姿の変化などから、受けてよかったと肯定的に
 とらえている患者さんが多くみられました。

 ・・・・LSG後は、栄養管理やリバウンドの防止といった内科的肥満治療の継続に加えて、精神・社会的な支援を継続することが
 重要です。特に、手術時に精神疾患の既往のある患者さんは、術後の食事制限や嘔気などが影響し病態が悪化することが懸念
 されます。すべての患者さんが必ずしも悪化するというわけではありませんが、悪化のリスクについて医療スタッフ、患者さんが
 十分に考慮・理解して、手術に臨むことが必要です。
 また、術後は、内科、外科、精神科の主治医、および看護師、管理栄養士、臨床心理士といったコメディカルが共同して、
 フォローにあたることが重要です。


 研究に快くご協力をいただきました対象の患者様、また、滋賀医科大学 消化器外科学 山本寛先生、精神医学 山田尚登教授、
 心理カウンセラー秋定有紗先生、大阪大学医学部附属病院 臨床心理士 東井申雄先生に心より感謝申し上げます。
 ありがとうございました。



 千里中央駅前クリニック ウエイトマネジメント外来                                        

 当クリニックでは、水曜日、金曜日 夜診(週1回)にて、ウエイトマネジメント外来(担当医:前田和久医師;大阪大学大学院
  生体機能補完医学講座 准教授)の診療を行っています。

 食欲抑制剤サノレックスを用いた肥満治療や、血中アディポネクチンの測定鍼の施術健康食品を用いた臨床
 研究
(食品メーカーとの共同研究)、グッド・ダイエットに基づく栄養指導など、大阪大学医学部付属病院 内分泌代謝
 内科(ウエイトマネジメント外来)と連携
しながら、さまざまな角度から肥満患者さんに対しアプローチを試みています。

 (研究や治療の成果については、対象の患者さまに同意をいただいたうえで、日本肥満学会等で発表を行っています。)

 ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。診療のご予約も承っております。(☎ 06-6318-5745
 外来の詳細については、担当管理栄養士 竹入 まで お気軽にお問い合わせください。



  ・ 前田和久医師のプロフィールは >>詳しくは こちら をご覧ください。 

  ・ 過去の学会発表 内容について >>平成23年 日本肥満学会発表平成24年 日本肥満学会発表 をご覧ください。

  ・ 食欲抑制剤サノレックスを用いた肥満治療について >>詳しくは こちら をご覧ください。  

  ・ グッド・ダイエットシートを使用した生活習慣指導について >>詳しくは こちら をご覧ください。




千里中央駅前クリニック
〒560-0082 大阪府豊中市新千里東町1-4-2 千里ライフサイエンスセンター3F TEL.06-6318-5745 FAX.06-6318-5746


Copyright(c)Senrichuo Ekimae Clinic. All Right Reserved.