千里中央駅前クリニックtop > 知って得する生活習慣病の話 top > 肥満学会発表2014




 第35回 日本肥満学会 にて、
 大阪大学 ウエイトマネジメント外来 前田和久先生 および 味の素株式会社との
 臨床研究成果を発表しました。


味の素株式会社が開発・販売する機能性食品「カプシエイト」を、大阪大学医学部付属病院および当クリニック ウエイトマネジメント外来に通院中の患者様(研究へのご協力について同意の得られた方、11名)に摂取いただき、その効果について第35 日本肥満学会(平成261024 宮崎)で発表しました。

【研究の概要】

食欲抑制剤マジンドール(サノレックス錠)は、現在(H26.10)日本で唯一使用可能な肥満治療薬です。適切に使用をすれば非常に有用な薬剤ではありますが、連続投与が3か月に限られること、BMI35以上の高度肥満の患者様にしか保険適応での処方ができないことなど、さまざまな制約があるお薬でもあります。また、3か月服用後の体重のリバウンドや、長期の服用による耐性の出現などの問題も知られています。

一方、今回使用した機能性食品「カプシエイト」は、味の素株式会社や北海道大学等における過去の研究で、褐色脂肪細胞の活性化による腹部脂肪率の低下や体脂肪の減少作用などの生理機能が認められています。今回、大阪大学医学部付属病院および当クリニック ウエイトマネジメント外来に通院中の患者様(研究へのご協力について同意の得られた方、11名)について、マジンドールを3か月服用した後にカプシエイトを3か月摂取いただき、その効果について検討を行いました。

結果、体重については、カプシエイト摂取期間において有意な変化は認められませんでした。また、血液検査の結果では、ALT、γGTPといった肝機能や、HDLコレステロール(善玉コレステロール)の有意な改善が認められました。

今回の研究で、マジンドール内服後にカプシエイトを摂取することで、体重のリバウンドを抑制できる可能性が示唆されました。また、脂肪肝や、脂質異常症の改善についての可能性も示唆されました。今回の研究結果をもとに、今後、脂肪肝や脂質代謝改善のメカニズムや、より適切な摂取方法等について研究を行い検討していく予定です。


 今回、研究に快くご協力をいただきました患者様に、心より感謝申し上げます。ありがとうございました。




 ■ 千里中央駅前クリニック ウエイトマネジメント外来                                        


 当クリニックでは、週1回 夜診にて、ウエイトマネジメント外来(担当医:前田和久医師;大阪大学大学院 生体機能補完医学講座 准教授)の診療を行っています。

 食欲抑制剤サノレックスを用いた肥満治療や、血中アディポネクチンの測定、鍼の施術、健康食品を用いた臨床研究(食品メーカーとの共同研究)、ハーバード式ダイエット グッド・ダイエットに基づくインターネットシステムを介した栄養指導など、大阪大学医学部付属病院 内分泌代謝内科(ウエイトマネジメント外来)と連携しながら、さまざまな角度から肥満患者さんに対しアプローチを試みています。

 (研究や治療の成果については、対象の患者さまに同意をいただいたうえで、日本肥満学会等で発表を行っています。)

 ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。診療のご予約も承っております。(☎ 06-6318-5745
 外来の詳細については、担当管理栄養士 竹入 まで お気軽にお問い合わせください。

 前田先生の診療スケジュールについては>> こちら にてご確認ください。


 ・ 前田和久医師のプロフィールは >>詳しくは こちら をご覧ください。 

  ・ 過去の学会発表 内容について >>平成23年 日本肥満学会発表平成24年 日本肥満学会発表
   平成25年 日本肥満学会発表 をご覧ください。

  ・ 食欲抑制剤サノレックスを用いた肥満治療について >>詳しくは こちら をご覧ください。  

  ・ グッド・ダイエットシートを使用した生活習慣指導について >>詳しくは こちら をご覧ください。


 


千里中央駅前クリニック
〒560-0082 大阪府豊中市新千里東町1-4-2 千里ライフサイエンスセンター3F TEL.06-6318-5745 FAX.06-6318-5746


Copyright(c)Senrichuo Ekimae Clinic. All Right Reserved.