千里中央駅前クリニック
阪大病院などに在籍する専門医が千里中央に集結。

知って得する生活習慣病の話
専門別外来

 トップページ
 高血圧
 糖尿病
 脂質異常
 その他の病気
 講演・学会発表
   千里中央駅前クリニックtop > 知って得する生活習慣病の話 top > 内臓脂肪が多いとなぜいけないの? ウエイトマネジメント外来




内臓脂肪が多いとなぜいけないの?
・・・ 千里中央駅前クリニック ウエイトマネジメント外来 ・・・

 
 内臓脂肪が多いとなぜいけないの?                              

 肥満は、内臓脂肪型肥満と皮下脂肪型肥満とに分けられます。内臓脂肪の評価は腹部CT(コンピューター断層撮影)や
 ウエスト周囲径、体組成計などで行いますが、もっとも正確なのは腹部CTによる測定で、へその高さでの内臓脂肪面積が
 100cm2以上の肥満を内臓脂肪型肥満と診断します。(ただし、腹部CTは被爆やコストなどの問題があるため、健診や
 日常の診療の際には、簡易なウエスト周囲径や体組成計を用いることがほとんどです。)


  ・ウエスト周囲径
  メタボ健診では、腹囲 男性85cm以上、女性90cm以上を、内臓脂肪型肥満の目安としています。

  ・体組成計
  メーカーや機種によりますが、当クリニック TANITAの最新型体組成計では、内臓脂肪面積を「内臓脂肪レベル」に置き
  換えて評価します。内臓脂肪レベル10がおよそ内臓脂肪レベル100cm2に、レベル15150cm2に相当します。
  10を超えると注意が必要です。
  体組成計について、詳しくは こちら をご覧ください。


 遺伝的要素に加えて過食や運動不足が続くと、内臓脂肪が蓄積して内臓脂肪型肥満となり、糖尿病や脂質異常症、
 高血圧などの生活習慣病を発症しやすくなります。
その結果、動脈硬化が進み、重大な脳血管疾患や心疾患に
 至るリスクが高くなります。


 したがって、「太ってはいるけれど、特に症状もないし・・」「好きなものを好きなだけ食べたい・・」「今の生活を変えるの
 は面倒くさい!」などと思って放置していると、取り返しのつかない重篤な病気にかかってしまうかもしれません。
 
 肥満やその他生活習慣病がある方は、できる限り早めの生活改善や治療をお奨めします。




 内臓脂肪とアディポネクチン                                                          

 内臓脂肪を構成する脂肪細胞からは、さまざまなホルモンが分泌されています。
 このホルモンはアディポサイトカインと呼ばれ、動脈硬化性疾患や生活習慣病を促進させる物質と抑制する物質に分かれ
 ます。促進させる物質にはTNF-α(動脈硬化巣の形成に寄与)、PAI-1(血中濃度の上昇で、血栓が形成されやすくなる)
 などがあり、抑制する物質にはアディポネクチンが挙げられます。

 アディポネクチンは、大阪大学で発見された善玉ホルモンで、動脈硬化を防ぐほか、血圧や血糖値等の改善、ガンの
 予防などに関わる重要なホルモン
です。内臓脂肪が蓄積するとアディポネクチンの血中濃度は低下するため、やはり、
 「食事量を減らす」「運動量を増やす」という生活習慣の改善、いわゆるダイエットが非常に大切なのです。




 減量の目標と、内臓脂肪を減らすコツ                                                   

 腹囲1cmが、内臓脂肪1kgに相当するといわれています。内臓脂肪が3kg減ると、ベルトの穴1つ分(3cm)縮まることに
 なり、日本肥満学会では、この体重3kg、腹囲3cm減らすことをひとつの減量目標として提唱しています。

 糖尿病になる一歩手前の人では、体重を3~5%落すとほとんど発症しないという研究結果も報告されていますので、
 標準体重まで10kg以上痩せることを考えて断念するより、まずは-3kgを目指して改善に取り組みましょう!


 内臓脂肪をうまく減らすダイエットのコツは、運動しながら、極端な食事制限をせずに、バランスよく食べながら痩せる
 
ことです。食事を抜いたり、○○ダイエットなどの偏ったダイエットをすると、一時的には体重が減っても、高い確率で
 リバウンドします。また、ビタミンやミネラルなどの大切な栄養素が不足する可能性があります。

 さらに、運動をしないで痩せると、筋肉量も同時に減ってしまうため基礎代謝が減り、ますます痩せにくい身体になってしま
 います。歩く、自転車に乗る、泳ぐ、走る、などの有酸素運動と、腹筋やスクワットなどの筋力トレーニングを合わせて行う
 ことで、相乗効果が得られます。

 仕事が忙しく、なかなか運動する時間が取れないという方は、通勤で1駅歩く、車通勤をやめる、家で腹筋などの筋力トレー
 ニングをするなど、日常生活にうまく取り入れられる方法を考えましょう。


   参考文献 : 月刊 糖尿病ライフ「さかえ」11 (社)日本糖尿病協会 前田和久著「腹囲3cm、体重3kg減らそう!」




 アディポネクチンを増やす「グッド・ダイエット」                                           

 では、実際の毎日の食事では、具体的にどのようなことに気をつければよいのでしょうか。生活習慣病を予防・改善し、
 前述の善玉ホルモン「アディポネクチン」を増やしながら痩せるための食事が、次に紹介する「グッド・ダイエット」です。

 グッド・ダイエットは、ハーバード大学 パブリックヘルス校 栄養部門主任教授 Walter C Willett博士が考案した、
 メタボリックシンドロームを予防・改善するための、最新の栄養疫学研究のエビデンスに基づいた食事方法です。


 
 グッド・ダイエット


 ピラミッドの底辺のものを積極的に摂取しましょう。運動、体重管理(毎日の体重測定)を基礎として、未精製(全粒)穀物、
 よい植物油、野菜、果物などをしっかり食べるようにします。精製穀物(白米や白パン)、デザートなどは、控えめにしましょう。


 その他気をつけたい生活習慣は?                                                

  ・ 食事を楽しんで、ゆっくり食べましょう
  ・ 3食を大体決まった時間に、空腹を感じてから食べましょう
  ・ 朝食は健康なものをたっぷり食べ、夕食後には何も食べないようにしましょう 
  
・ 間食は避けるか、空腹を感じた時は身体によいおやつを食べましょう
  ・ 甘いものやアイスクリーム、スナック菓子はできるだけ避けましょう
  ・ 水分(糖分の入っていない飲み物:水、お茶)を、
    毎日しっかり摂りましょう(1.5リットル以上目安)
  ・ 週に4日以上、1回30分以上の有酸素運動(ウォーキング、ジョギング、サイクリング、水泳、エアロビクスなど)を行うか、
    1日1万歩程度歩くようにしましょう
  ・ 筋力トレーニングを、1回5分以上、週3回以上行いましょう
  
・ 体重を、決まった時間に決まった条件(服装、食前食後など)で計りましょう
  ・ 十分な睡眠時間をとり、リラックスしましょう

  グッド・ダイエットを実践するための「グッド・ダイエットシート」は >> こちら  
  あなたの今の生活習慣をチェックしてみましょう!


 参考文献:ウォルターC.ウィレット(前田和久 訳)「太らない、病気にならない、おいしいダイエット」:光文社;2003





 千里中央駅前クリニック ウエイトマネジメント外来                                        

 当クリニックでは、水曜日、金曜日 夜診(週1回)にて、ウエイトマネジメント外来(担当医:前田和久医師;大阪大学大学院
  生体機能補完医学講座 准教授)の診療を行っています。

 食欲抑制剤サノレックスを用いた肥満治療や、血中アディポネクチンの測定鍼の施術健康食品を用いた臨床
 研究
(食品メーカーとの共同研究)、グッド・ダイエットに基づく栄養指導など、大阪大学医学部付属病院 内分泌代謝
 内科(ウエイトマネジメント外来)と連携
しながら、さまざまな角度から肥満患者さんに対しアプローチを試みています。

 (研究や治療の成果については、対象の患者さまに同意をいただいたうえで、日本肥満学会等で発表を行っています。)

 ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。診療のご予約も承っております。(☎ 06-6318-5745
 外来の詳細については、担当管理栄養士 竹入 まで お気軽にお問い合わせください。




  ・ 前田和久医師のプロフィールは >>詳しくは こちら をご覧ください。 

  ・ 過去の学会発表 内容について >>平成23年 日本肥満学会発表平成24年 日本肥満学会発表 をご覧ください。

  ・ 食欲抑制剤サノレックスを用いた肥満治療について >>詳しくは こちら をご覧ください。  

  ・ グッド・ダイエットシートを使用した生活習慣指導について >>詳しくは こちら をご覧ください。





千里中央駅前クリニック
〒560-0082 大阪府豊中市新千里東町1-4-2 千里ライフサイエンスセンター3F TEL.06-6318-5745 FAX.06-6318-5746


Copyright(c)Senrichuo Ekimae Clinic. All Right Reserved.