足(足底、趾間、踵など)に、キズ・魚の目・タコ・水虫(足白癬)はありませんか?
 糖尿病患者さんでは、爪切りのちょっとした不注意から感染症(壊疽)となり、足や足の指を失うことがあります。

 当クリニックでは、
クリニック通院中の糖尿病患者様やご家族に、ご家庭でできる安全なフットケアの方法や注意点をお教えしています。




足を見る習慣をつけましょう
 ●毎日足をよく観察する習慣をつけ、「けが、やけど、うおのめ、たこ、水虫」などがないか確認しましょう。

足は清潔に!
 ●足を清潔にしましょう。指の間もよく洗い、きちんと拭き取って乾かしましょう。

やけどに注意
 入浴するときは、お湯の温度を確かめてから入るようにしましょう。
 電気カーペット、こたつ、カイロなどの長時間使用は避けましょう。

けがをしないために・・・
 けがや傷、靴ずれなどを防ぐために、 裸足は避け、足に合った靴や靴下を使用しましょう。

乾燥は避けましょう
 入浴後は、保湿クリームなどを塗りましょう。

爪の切り方
 爪は両角を落とさず、まっすぐに切り(けずり)、深爪をしないようにしましょう。


  ※傷や腫れもの、たこ、うおのめ、水虫などは早めに皮膚科を受診して治療を受けましょう。
  (ご希望があれば、紹介状をお渡しします。)



千里中央駅前クリニック
〒560-0082 大阪府豊中市新千里東町1-4-2 千里ライフサイエンスセンター3F TEL.06-6318-5745 FAX.06-6318-5746

Copyright(c)Senrichuo Ekimae Clinic. All Right Reserved.