千里中央駅前クリニック
      千里中央駅前クリニック top    知って得する生活習慣病の話 top     管理栄養士 たけいりの部屋 top 




動脈硬化 予防専門外来のご案内


 

 心筋梗塞や脳血管疾患などの重大な疾患を引き起こすことで知られる動脈硬化は、脂質異常症や高血圧、糖尿病、肥満といった
 病態が長期間続くことで徐々に進展します。その背景には遺伝素因に加え、過食・偏食・運動不足等の生活習慣の乱れが関与する
 ことが知られています。

 動脈硬化予防専門外来では、動脈硬化の進展予防、治療に向けて、①現在の動脈硬化の状態を客観的・定量的に評価・把握し、
 ②EBMを駆使して、患者様ごとに異なるリスクファクターを専門的に管理・治療することで、動脈硬化疾患の発症予防に努めます。

 担当医は、大阪大学 内分泌代謝内科の平井孝一先生です。必要に応じて、循環器専門医、糖尿病専門医が学術協力し、最新の
 医学知見に基づくEBMを実践します。(診療は、通常の保険診療となります。)
 





 
.動脈硬化予防専門外来って何をするのですか?
 


 当クリニックの「動脈硬化予防専門外来」では、心筋梗塞や脳血管疾患を引き起こす原因となる動脈硬化の進展予防、治療
 目指します。主担当医は、動脈硬化研究で名高い大阪大学医学部付属病院・内分泌代謝内科に在籍する平井孝一医師です。
 
 日々、注目される臨床デ-タが発表されるEBMの分野では、やはり大阪大学の各専門内科に在籍する内科系専門医(循環器
 専門医、糖尿病専門医)が、それぞれの専門疾病領域の医学情報を持ち寄り、個々の患者さんにおける最適な治療法選択に
 協力します。(担当医・協力医の詳細は下記担当医師一覧をご覧ください。)
 
 たとえ、同様の動脈硬化リスクファクターを抱えていても、個々の患者さんにおいて動脈硬化の進展速度は大きく異なります。
 当外来では、最新の検査手法、血液バイオマーカーなどを用いて、患者様一人ひとりの動脈硬化進展度を評価します。さらに、
 現在の進展度とリスクファクタ-から学術的に予見される将来リスクを慎重に考慮しながら、患者様の同意を得た後に、EBM
 (臨床データに基づいた最適治療)を実践します。

 また、管理栄養士が協力し、希望する患者様に対しては、動脈硬化を予防するための食事・運動・サプリメントなどの生活習慣相談
 も随時行います。




 

 「動脈硬化予防専門外来」担当医・協力医 : 

 担当医 : 
 平井 孝一 医師(大阪大学大学院 内分泌・代謝内科学)

 協力医 : 
 梶本 佳孝 院長(元・大阪市立大学 客員教授、日本内分泌学会代議員)
 前田 和久 医師(大阪大学大学院 生体機能補完医学講座 准教授)

 (循環器内科は、当クリニック心臓内科・ペースメーカー外来を担当する医師(阪大病院に所属する循環器専門医)が交代で
 診療にあたります。)


 生活習慣相談 : 
 管理栄養士 竹入沙知(阪大病院 補完医療外来 栄養指導 担当)






  Q.動脈硬化予防専門外来は、どんな人が受診すればいいのですか?





 ・ 動脈硬化が気になる方

 ・ コレステロールや血糖値、血圧等が気になる方

 ・ 肥満の方

 ・ 甲状腺機能異常が気になる方

 ・ 脳卒中や心筋梗塞などが心配な方  などに受診をお奨めします。






 Q.動脈硬化の進展度合いはどうやって調べるの?

 動脈硬化の進展度合いや、動脈硬化進展に関わるリスクファクターの評価を行うために、必要に応じて下記のような検査が
 実施されます。多くは健康保険で実施可能(*)ですが、一部、自費診療となる検査(☆)があります。



 ・ 頚動脈エコー検査(*)
 頸部の動脈を超音波で直接調べることで、動脈硬化の進展を評価します。

 ・ CAVI、ABI(*) 
 血管の硬さや詰まりなどの‘血管年齢’を調べる検査です。また、右腕と左腕の血圧を同時に測ることで、血圧の左右差を調べる
 こともできます。
 (通常、血圧に左右の差はありませんが、まれに動脈硬化性疾患や大動脈炎などが原因で、左右差が生じることがあります。) 

 ・ 脂質プロファイリング検査(血液検査)(*;但し、一部は☆)
 高コレステロール血症は、動脈硬化に関わる重要なリスクファクターです。一般的な脂質検査(LDLコレステロール、HDLコレステ
 ロールなど)に加えて、酸化LDL、リポプロテインa、レムナントリポ蛋白など、動脈硬化の進展に重要な因子の測定を行います。

 ・ 脂肪酸分画検査 :EPAAAEPA/AA比 など(血液検査)(*;但し、一部は☆)
 エイコタペンサエン酸(EPA)、アラキドン酸(AA)、ドコサヘキサエン酸(DHA)、リノレン酸(DHLA)など、生活習慣や動脈硬化に
 関連する脂肪酸の値を測定します。特に、ω-6系のエイコサペンタエン酸と、ω-3系のアラキドン酸の比(EPA/AA比)を算出する
 ことで、血栓症や動脈硬化性疾患の予防・診断に役立てることができます。

 ・ アディポネクチン検査(血液検査)(☆)

 肥満細胞から分泌されるホルモンの一種で、動脈硬化の予防・進展に大きく関わる重要な物質です。大阪大学・内分泌代謝内科に
 おいて世界に先駆けて発見されました。内臓脂肪の蓄積や食事バランスの乱れ等によりアディポネクチンの分泌量が減少することが
 知られており、動脈硬化進展の一因として注目されています。 

 ・ 甲状腺機能検査(血液検査、エコー検査)(*)
 
 高コレステロール血症は、甲状腺機能異常が背景にあって発症している場合があります。特に甲状腺機能低下症は女性に多く、
 その症状から疲労や更年期障害等と勘違いし、放置してしまっているケースも多くみられます。甲状腺機能は、血液検査(TSH
 FT-4FT-3などのホルモン値)や甲状腺エコー検査で簡単に調べることができます。

 ・ 尿アルブミン検査(尿検査)(*) 
 尿中に微量に排出されるアルブミン量を調べることで、初期の腎症の有無を評価します。尿アルブミンは糖尿病腎症の重要な
 指標のひとつですが、最近は動脈硬化のリスクファクターとしても注目されています。

 ・ 心拡張能検査(心エコー検査、血液検査)(*)
 心不全の約40%は心臓の拡張障害が原因といわれており、特に閉経後の女性では注意が必要です。心エコー検査では、簡便に
 心臓のポンプ機能、拡張障害の有無の評価などを行うことができます。また、心機能障害(心不全)は、血液検査(BNPなど)で
 評価することも可能です。 

 ・ 心電図(*)  ・ ホルタ-心電図(*
 心臓の機能異常、不整脈の有無などを調べる一般的な検査です。 

 ・ 体組成検査(測定は無料です。(通常の診察料に含まれます。))
 内臓脂肪型肥満は、インスリン抵抗性や高トリグリセライド血症など、糖尿病、高血圧などを引き起こし、動脈硬化を進展させる
 大きな要因となります。タニタの最新式 体組成計により、体重や体脂肪率に加え、体幹部、四肢など部位別の脂肪量、筋肉量や、
 内臓脂肪量、さらには基礎代謝量(推定)等を、短時間(約15秒)で測定します。(測定は無料です。)  

 当院の最新式 TANITA体組成計について>>詳しくは こちら をご覧ください。







 Q.具体的な診察の流れについて教えて下さい。


 初回 : 問診票の記入、診察、各種検査(下記参照)
 初診問診票(最近の健康診断の結果などがあればご持参ください。)
 必要に応じて、患者様とご相談のうえ各種検査を行います。

(頚動脈エコー検査、CAVIABI検査(血管年齢検査)、心エコー検査、心電図、各種血液検査(脂質検査、血糖値、肝機能、甲状腺機能など)尿検査、体組成測定 等)

 * 実際に行われる検査は個々の症例によって異なります。いずれも当クリニックで実施可能です。

 *検査について、詳しくは上記 「Q 動脈硬化の進展度合いはどうやって調べるの?」をご参照ください。



 2回目 : 診察、検査結果説明、治療方針決定、治療開始
 阪大病院 内分泌代謝内科・平井医師が、患者様ひとりひとりの病態に合わせた、動脈硬化予防のための専門的治療を丁寧、
 親切に行います。

 *患者様とご相談の上、EBMに基づいて適切なフォロー・治療を実施します。

 

 3回目以降 : 診察、治療効果検証、治療継続(症状、治療方針によって異なります。)
 必要に応じて、血液検査、頚動脈エコー検査などを定期的に行いフォローをします。






 ・ 脂質異常症の原因や症状、治療については >> こちらをご覧ください。  
  知って得する生活習慣病のはなし 「コレステロールと中性脂肪にどう向き合うか」

 ・ 頚動脈エコー検査で動脈硬化が見つかった場合の治療については >> こちらをご覧ください。 
  知って得する生活習慣病のはなし「プラークや狭窄が見つかった場合の治療」







  動脈硬化予防専門外来は、平成2563日(月)より、毎週月曜日午前診にて開始予定です。
  
  5月以降の診療予定については、外来担当医師スケジュールをご覧頂くか、お電話にてお問い合わせください。
  ご予約は、お電話 もしくは 当院受付にて承っております。お気軽にお問い合わせください。 06-6318-5745





 



千里中央駅前クリニック
〒560-0082 大阪府豊中市新千里東町1-4-2 千里ライフサイエンスセンター3F TEL.06-6318-5745 FAX.06-6318-5746


Copyright(c)Senrichuo Ekimae Clinic. All Right Reserved.