本文へスキップ



 糖尿病への
 サプリメントアプローチの可能性


  


  「抗加齢医学の実際 2010」(主催:MediProduce、後援:日本抗加齢医学会)にて、梶本院長が講演を行いました。

  開催:平成22年9月19日 東京・大手町サンケイプラザ サンケイホール




  千里中央駅前クリニックtop > 知って得する生活習慣病の話top > 講演・学会発表など > 抗加齢学会講演




  梶本院長が講演を行いました。
 


平成22年9月19日(日) 「抗加齢医学の実際2010」(主催:MediProduce,後援:日本抗加齢医学会)にて、当院 梶本 佳孝 院長が講演を行いました。


講演のテーマは、「糖尿病へのサプリメントアプローチの可能性」です。





  講演の資料(一部)をご紹介します。
 




糖尿病とサプリメントの関係は?

どんなサプリメントがあるの?

ホントに効果があるの?               ・・・・・・・・           




サプリメントに興味はあっても、なかなか何を選んでどう使えばよいのか、自分に最適なサプリメントはどんなものなのか、よくわからないことも多いと思います。


そんなサプリメント・健康食品を選択するときに、もっとも重要ともいえるポイントのひとつは、「しっかりとしたエビデンス(根拠)があるかどうか」ということです。

今回の講演では、糖尿病の実際からエビデンスに基づいた「糖尿病へのサプリメントアプローチの可能性」まで、さまざまな角度から最新情報をわかりやすくご紹介しています。





講演で使用しました資料の一部を、ご覧いただけます。 



ぜひ、今後のサプリメント・健康食品選択のご参考にお役立て下さい。