国立がん研究センターが発表:
 5つの生活習慣の実践で、ガンのリスクが4割低下

 知って得する生活習慣病の話> その他の病気に関わるお話 > 生活習慣の改善でガンのリスクが低下


 
 国立がん研究センターが、45歳~74歳の男女7万8,548人(男性3万6,964人、女性4万1,584人)を
 対象に、ライフスタイルやガンの発生状況を調査した結果を、オランダの医学雑誌に発表しました
 (追跡期間:1990年代後半~2006年)。

 発表によると、追跡期間中にガンに罹患した人は5,576名(男性3,451名、 女性2,125名)で、下記の
 5つの生活習慣を実践している人では、有意にガンのリスクが低減していました。

 
 ■ 禁煙
 
 ■ 塩分控えめの食事 
  
(塩分の多い食品はできる限り控える、醤油や味噌などの調味料は控えめに使用する、など)
 

 ■ 適度なアルコール 
  
(1日に、日本酒で1合程度まで、ビールで350ml程度まで、週6日以内)

 ■ 適度な運動
 
 (1日に男性でスポーツ1時間以上、女性で立ったり歩いたり3時間以上)

 ■ 適正な体重を保つ 
  
(適正体重:BMIが男性で21~27、女性で19~25)  BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

 上記の習慣を複数組み合わせることで、よりガンのリスクが低下します。
 たとえば、2つ実践していると、0または1つ実践している人と比べて
14%のリスク低下、5つすべて
 実践している人では、
0の人に比べて、男性で43%、女性で37%リスクが低下しました。



  

 

 生活習慣の改善で、がんをある程度予防することが期待できます。
 
 ご自分の生活を振り返り、できるところから取り組んでみましょう!



千里中央駅前クリニック 内科 糖尿病内科 循環器内科