千里中央駅前クリニック
阪大病院などに在籍する専門医が千里中央に集結。

知って得する生活習慣病の話
専門別外来

 トップページ
 高血圧
 糖尿病
 脂質異常
 その他の病気
 講演・学会発表
   千里中央駅前クリニックtop > 知って得する生活習慣病の話 top > 高血圧に関わるお話 糖尿病に関わるお話 脂質異常症に関わるお話 
  > 降圧剤ARB




生活習慣病管理・メタボ対策で注目される降圧剤 ARB  - その訳は?

 高血圧の薬は、血圧を下げること自体が最終目的ではありません。
脳卒中や心筋梗塞のリスクを軽減してくれて、かつ、糖尿病予防にも繋がる降圧剤ARB。最近の知見をまとめました。


 

 はじめに ・・・ 生活習慣~動脈硬化ドミノを止めるには?                                                                





 生活習慣~動脈硬化ドミノとは・・・?

  生活習慣の乱れによりドミノが倒れ始めると、その先には「肥満」「インスリン抵抗性」、「食後高血糖」「高血圧」「高脂血症」
  といった生活習慣病が待っています。そして、それらの疾患は動脈硬化を引き起こし、心疾患、脳血管障害などの重大な
  病気のリスクファクターとなります。

  倒れ始めたドミノを止めることは、先に行くほど困難になるため、できる限り初めの段階で止めることが重要です。







 ARB (カンデサルタン 製剤名 ブロプレス) に、動脈硬化の予防効果が認められました。                                                                    


高見武志:薬理と治療,307),6052003


Ono H.et al;Hypertens.Res.312712008
  高血圧症患者を任意の3群に分け、各種降圧薬を3ヶ月間
 投与し、投与前後に血圧および脈波伝播速度(PWV)を
 測定しました。

  ARBは、Ca拮抗薬やACE阻害薬と比べて、血管の
   硬さの指標となるPWVを有意に改善しました。
 高血圧患者をARB(カンデサルタン8mg)投与群と非ARB群に
 分け、12ヵ月後と24ヵ月後に頸動脈のIMTを測定しました。

  非ARB群では頸動脈IMTに変化がみられなかったのに
 対し、ARB群では12ヵ月後に有意に改善し、24ヵ月時点に
 おいてもさらに改善しました。





 ARB (テルミサルタン 製剤名 : ミカルディス) に、動脈硬化の予防効果が認められました。                                                    


Nakamura T, et al. Hypertens Res. 2008 Dec;31(12):2187-8, author reply 2188.


  腎臓病を伴う高血圧患者30例を対象に、ARB(テルミサルタン40mg)群とCa拮抗薬(アムロジピン5mg)群に
  無作為に割り付け、1年間追跡しました。

   ARB群では動脈硬化の指標である脈波伝播速度(PWV)と頸動脈IMTが、有意に改善しました。







 ARB (カンデサルタン 製剤名 : ブロプレス) は、脳卒中や虚血性心疾患を予防します。                 


                         
 

  Suzuki H
. et al.: Hypertens. Res.,28,307,2005.
 
 
  日本人の高血圧症患者を対象に検討されたE-COST試験で、ARB(カンデサルタン)による降圧療法が、Ca拮抗薬を中心
  とした降圧療法に比べて、脳卒中や虚血性心疾患の発症リスクを有意に低下させることが明らかにされました。

   3年後の収縮期血圧は、ARB非投与群の方が有意に低かったことから、これらの脳・心血管系イベント抑制効果は、
  ARB(カンデサルタン)の血管保護作用によるものと考えられます。






 ARBは、糖尿病の発症を予防し、進展も発症します。                                                                             
 ・ARB (カンデサルタン 製剤名 : ブロプレス)は、糖尿病の新規発症を抑制しました。

     猿田享男: 23国際高血圧学会Sep. 2010.Vancouver

 

  ARB(カンデサルタン)群は、Ca拮抗薬(アムロジピン)群に比べて、糖尿病の新規発症がを29% 有意に抑制しました。
  (日本人高血圧患者
2,685例を対象)  






 ・ARB (テルミサルタン 製剤名:ミカルディス) は、空腹時血糖を有意に低下させました。

Inoue T, et al. Horm Metab Res; 39:1-5,2007


  空腹時血糖110mg/dl以上の高血圧患者49例に、ARB(テルミサルタン)を6ヶ月間投与したところ、空腹時血糖を
  有意に低下させました。





 ・ARB (カンデサルタン 製剤名 : ブロプレス) は、膵β細胞の保護作用を示しました

  Shao J., Watada H. et al.:Biochem. Biophys. Res. Commun.,344,1224-1233,2006.




  糖尿病マウスの膵臓組織を、抗インスリン抗体を利用して赤く染色したところ、非治療糖尿病群(中央の写真)は
  正常群(左の写真)と比較して染色の程度が低く、インスリンの産生が低下していることがわかります。

  これに対し、ARB(カンデサルタン)治療群(右の写真)は、正常群と同様に強く染色され、インスリンの産生が
  回復していることが示されました。

   ARB(カンデサルタン)の投与により、膵β細胞保護効果が示されたものと考えられます。


  



千里中央駅前クリニック
〒560-0082 大阪府豊中市新千里東町1-4-2 千里ライフサイエンスセンター3F TEL.06-6318-5745 FAX.06-6318-5746


Copyright(c)Senrichuo Ekimae Clinic. All Right Reserved.